京都の夏の風物詩「大文字焼き」も地図に描かれているってホント?

京都の夏の風物詩として有名な「大文字送り火」。8月16日、盂蘭盆会(うらぼんえ)のあと、先祖をあの世に送り届ける火として、京都市左京区の大文字山で焚(た)かれる「大」の字の形の火のことである。この「大」の文字は、弘法大師の筆とも、相国寺横川景三の筆ともいわれているが、本当のところはわからない。

大文字焼きの風習そのものは、室町幕府八代将軍足利義政(あしかがよしまさ)が創始したといわれているが、実際には、江戸時代初期にはじまったものらしい。この大文字焼きの「大」の文字は、国土地理院の1万分の1の地形図にも表示されている。

大文字山の大文字焼きだけでなく、8月16日には、「五山送り火」といって、北山の「左大文字」、左京区松ヶ崎付近の「妙法」、右京区上嵯峨の鳥居形、北区西賀茂の船形と、5ヵ所でそれぞれ送り火が焚かれるのだが、それもしっかり地図に掲載されている。京都の地図は、なかなか風流なのだ。

ちなみに、かつて京都では、これらの送り火を鴨川の岸辺で眺め、火が燃えているあいだにソバを一杯食べると、悪事災難を免れるといわれていた。現在では、塗り杯の酒に大文字焼きの火を映して飲むと、悪事災難を免れるといわれている。

— posted by Mapper at 01:40 pm